コラム:妊娠中に旅行に行くときの注意点

c24

赤ちゃんを迎える前に旅行に出かけ、思い出作りをしたいという妊娠中のお母さんは多くいらっしゃいます。

しかし、旅行中に万が一体調に異変があったら大変です。
妊娠中の旅行計画は自分の体調をしっかり見極め、必ずかかりつけの医師に相談してから決める必要があります。

妊娠中に旅行に行ってはいけない?

妊娠の経過が順調で、妊婦健診でも問題がなければ、旅行に行ってはいけないという訳ではありません。
旅行先でリフレッシュすることで、妊娠生活の中で溜まるストレスの解消や、出産を新鮮な気持ちで迎えられるメリットもあります。

しかし、ホルモンバランスの変化などで急に体調が変わりやすい妊娠中の旅行は、リスクも考えておかなければなりません。
もしも旅行先で体調が急変してしまった場合はどうするのか、事前にかかりつけの医師に相談したり、旅行先の医療機関などを調べておくと安心です。

また、妊娠中の旅行はなるべく体に負担がかからず、ゆっくりと過ごせるような計画を立て、旅行場所や宿泊先を選びましょう。

妊娠中に旅行へ行きやすい時期

妊娠中の旅行は胎盤がまだ安定していない妊娠初期や、お腹が大きくなり動きにくく、さらに体調も変わりやすい妊娠後期は避けましょう。

一般的には、胎盤が完成する妊娠16週から28週目くらいまでの安定期が、妊娠中は最も旅行に行きやすい時期となります。

しかし、安定期であれば絶対に旅行に行っても大丈夫というわけではありません。
安定期に入ってからも油断せず、自分の体調をよく確認しつつ、医師に相談してから旅行の計画を決めましょう。

妊娠中の旅行の注意点

妊娠中の旅行は、普段よりも体調に気を配らなければなりません。
以下の注意点を参考にして旅行の計画を決めましょう。

無理はせず、のんびり過ごす

旅行先では疲れや体調に異変を感じたら無理をせず、すぐに休むことが大切です。
また余裕のないスケジュールは避け、のんびりと過ごすようにしましょう。
さらに旅行の計画を決める際には万が一の場合に備えて、現地や道中の病院を調べておくとよいでしょう。

混みやすい時期の旅行は避ける

長期休暇中や連休中など、混みやすい時期の旅行は人混みにあてられて体調を崩したり、人とぶつかって転倒する恐れがあるため避けるほうがよいでしょう。
また妊娠中は頻尿になりやすいため、人の多い行楽地では施設やトイレの混雑で、なかなかトイレに入れず体に負担がかかってしまう場合もあることも頭に入れておきましょう。

移動は体に負担をかけないようにする

妊娠中の旅行で車を利用する場合は、なるべく同伴者に運転してもらいトイレ休憩をこまめに取ることを心がけましょう。
電車やバスなどを利用する場合はなるべく指定席を予約するなど、体に負担がかからないようにすることも大切です。
また、飛行機で長時間のフライトとなる場合は、体への負担も考え事前に医師に相談しておきましょう。

海外旅行は避ける

海外旅行は時差や気候、食事など急激な環境の変化に体調を崩してしまうことがあります。
さらに、外国で万が一体調に異変があった場合に、語学力や異なる医療体制が大きな障害となることがあります。
そのため、妊娠中の旅行は国内旅行に限定した方が安心です。

そのほかにも、重い荷物は持たないようにしたり、体を冷やさないようにするなど、旅行中は普段以上に体調に気を配ることが大切です。

妊娠中の旅行の準備

妊娠中の旅行の準備には、体調に異変があった場合に備えて必ず保険証や母子手帳を持っていきましょう。
また季節を問わず、体の冷え対策にカーディガンなどの羽織りものを持っていくことをオススメします。

そして旅行当日に少しでも体調に不安がある場合は、無理をせずキャンセルしましょう。
旅行に出かけてリフレッシュするのも大切ですが、お腹の赤ちゃんのことを一番に考えて行動しましょう。

当院でも、妊娠中の旅行に関するアドバイスや指導を行なっていますので、ぜひお気軽にご相談ください。