更年期用語集

更年期相談で耳にする用語を解説しています。

単語 意味・解説
更年期 閉経を迎える前後の5年間、トータル約10年間の時期のことを更年期といいます。一般的には45歳〜55歳くらいまでの時期が更年期にあたり、心身に変化があらわれることがあります。
更年期障害 更年期に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンバランスが崩れ、心身に様々な不調や変化がおきる状態を更年期障害といいます。症状には個人差がありますが、さまざまな身体的不調や精神的不調を訴える方が多くみられます。
閉経 閉経とは、卵巣の機能が低下し月経が完全に停止した状態を指します。閉経が起こる年齢には個人差がありますが、前回の月経から1年以上月経がない場合に閉経と診断されます。
自律神経失調症 自律神経失調症とは、ストレスや生活習慣が原因となり、自律神経のバランスが崩れて心身に不調が起こる状態を指します。頭痛や倦怠感、不眠、集中力の低下などさまざまな症状があらわれます。
骨粗鬆症 骨粗鬆症は生活習慣や女性ホルモンの低下などが原因となって骨密度が低下し、骨が劣化していく病気です。自覚症状がなく、骨折して初めて骨粗鬆症だと分かるケースも多くみられます。
ホルモン補充療法 ホルモン補充療法(HRT)とは、閉経の前後に減少する女性ホルモン(エストロゲン)を体内に補充することで更年期に起こるさまざまな症状を改善させる治療法です。
エストロゲン エストロゲン(卵胞ホルモン)は主に卵巣から分泌され、女性らしいからだ作りを助けるホルモンです。思春期には乳房や子宮の発育を促し、月経や妊娠などが可能な状態にする重要な役割を担っています。
プロゲステロン プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠の成立や維持に重要なはたらきをするホルモンです。主に子宮内膜を整えて受精卵が着床しやすくしたり、基礎体温の上昇や食欲を増進させる役目を担ってます。
骨密度 骨密度とは、カルシウムなどのミネラル成分が骨の中にどのくらい詰まっているかを示す数値です。骨密度は加齢とともに減少していき、骨の強度が下がって骨折しやすくなる原因にもなりますので定期的な検査が大切です。
漢方治療 漢方治療は、更年期障害の治療法の一つです。症状によってはホルモン療法よりも有効な点や、ホルモン治療が使えない場合に使用できるなどのメリットがあります。
脂質異常症 脂質異常症とは、血液中の脂質成分の数値が高すぎる(悪玉コレステロール、中性脂肪)、または低すぎる(善玉コレステロール)状態のことをいいます。脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となりますが、体調不良や体の痛みといった自覚症状がなく、病気に気づきにくいため「サイレントキラー」ともいわれています。
萎縮性膣炎 萎縮性膣炎とは、女性ホルモンの分泌低下が原因となって起こる病気です。主に閉経後や、悪性腫瘍などで卵巣を摘出した方が発症しやすいといわれており、膣が乾燥・萎縮して雑菌が繁殖し炎症が起こります。
血管年齢 血管年齢とは、血管の状態を年齢で示した指標です。血管は加齢とともに弾力が失われ硬くなっていきますが、食生活の乱れや運動不足が原因となって実年齢より老化が進み、動脈硬化を引き起こしやすくなるため注意が必要です。
ホットフラッシュ ホットフラッシュとは上半身にのぼせ、ほてり、発汗などが起こる更年期障害の代表的な症状で、半数以上の女性が経験するといわれています。急なほてりや発汗が顔面からはじまり、やがて頭部や胸部にも広がっていき数分間汗が止まらなくなります。
男性更年期障害 男性更年期障害(LOH症候群)は、加齢に伴って男性ホルモン(テストステロン)が減少することで起こります。主な症状には、全身の倦怠感や性機能不全などの身体症状や、不眠や無気力などの精神症状がみられます。