産科用語集

産科で耳にする用語を解説しています。

単語 意味・解説
悪露 悪露(おろ)とは、出産後に子宮が元の状態に戻ろうとしている過程で排出される分泌物や出血のことを言います。 時間とともに徐々におさまっていきますが、出産後に必要な生理現象です。
悪阻(つわり) 悪阻(つわり)は、妊娠初期に起こる吐き気や嘔吐、食欲不振などに代表される症状のことです。平均で妊娠5週目から6週目のころに始まり、妊娠4ヶ月ごろまでにはおさまるといわれています。
子宮口 子宮口は、妊娠中に赤ちゃんが過ごしている子宮の入り口で、腟につながっています。通常は閉じていますが、出産時には約10cmくらいまで開いて赤ちゃんが通れるようになります。
会陰切開 会陰とは、腟と肛門のあいだの部分を指します。会陰切開は、出産時に赤ちゃんの分娩がスムーズに進むように会陰を切開する処置です。出産時に会陰が裂傷してしまうのを避けるために行われることがあります(特に初めてのお産の時)。
切迫早産 早産となる可能性がある状態のことを切迫早産といいます。妊娠22週目から37週目ごろのあいだに、お腹が頻繁に張ったり、子宮口が開いてしまった状態を指します。
切迫流産 流産の恐れがある状態を切迫流産といいます。切迫流産は、妊娠を継続できる可能性があることが流産とは異なる点です。切迫流産の状態の時は、体を安静にすることが大切です。
帝王切開(カイザー) 帝王切開(カイザー)とは、赤ちゃんかお母さんに何らかの問題が生じて、通常の出産が難しいと判断された場合に、お腹と子宮を切開して赤ちゃんを取り出す手術のことをいいます。
羊水 妊娠すると女性の身体には子宮内に「卵膜」という赤ちゃんを包み込む袋の形をした空間ができます。この卵膜内を満たしている液体成分を羊水といいます。
羊水検査 羊水検査は、出生前診断のひとつです。子宮内の羊水を採取して調べることで、赤ちゃんの染色体や遺伝子情報に異常があるか診断することができます。
NST(ノンストレステスト) NST(ノンストレステスト)は、陣痛などのストレスがない状態で赤ちゃんの心拍数やお母さんの子宮収縮具合を調べることで、赤ちゃんが元気かどうか調べます。