診療科目

更年期外来

当院では、日本女性医学学会の幹事を務め、また同学会の認定医師である更年期専門医の院長が、更年期から老年期の女性に認められる様々な悩みや症状の外来・検査・相談に応じております。
更年期障害のみならず骨粗鬆症、脂質異常症、萎縮性腟炎などのご相談にも応じている病院です。
東京都・埼玉県以外の方でも、お気軽にご相談ください。

更年期関係のご相談で外来受診される方へ

これまでも、更年期関係のご相談ではじめて外来受診された方には、診療前に現在みられる症状について問診表にご記入をいただいております。
このたび、ホームページからこの問診表をダウンロード出来るように致しましたので、更年期関係のご相談で外来受診・検査を希望される方は、あらかじめこの問診表にご記入いただき、持参いただきますと、診療がよりスムースになります。是非ご利用下さい。

※「更年期外来問診票」は診療時の参考にさせていただくのと同時に、更年期医学の発展のために学会発表等で使用させていただく場合がございます。
ただし、患者様個人が特定できる様な形での使用は絶対致しませんのでご安心ください。

更年期とは?

「更年期」とは、女性の一生の中で卵巣機能が安定し妊娠・出産が可能な「性成熟期」と呼ばれる時期と「老年期」の間の時期を指す言葉で、明確な範囲は規定されておりませんが、およそ40歳代中頃から50歳代中頃までが該当します。この時期には卵巣機能が低下することで女性ホルモンの分泌が急激に減少しますが、そのために精神的・肉体的に様々な変化が認められます。

更年期障害の原因について

「更年期障害」とは、更年期に現れる多種多様な器質的な変化に起因しない諸症状(これを「更年期症状」と呼びます)の中で、日常生活に支障をきたすものを言います。更年期症状も含めてその主たる原因は、女性ホルモンの中でもエストロゲンの低下にありますが、これに一般的な加齢に伴う身体的変化、精神的・心理的な要因、社会文化的な環境因子などが複合的に影響することにより多彩な症状が出現します。

「更年期障害」の診断に必要な診察・検査

(1)症状の総合的評価

(2)血液中の女性ホルモン値の測定

(3)他の疾患の可能性を除外する

(4)心身症やうつなどの精神疾患との鑑別

更年期障害の治療について

更年期障害に対する治療ですが、認められる症状が血管運動神経症状主体の場合には、女性ホルモンの補充療法(HRT)が有効です。その他の症状に対しても、結果的にHRTが有効である場合も少なくありませんが、更年期に認められる全ての症状に対してHRTが有効な訳ではありません。むしろ症状によっては、漢方療法が非常に有効な場合も少なくありません。また不安感・睡眠障害・抑うつ感などの精神神経症状が主体の場合には、必要に応じて抗不安薬や睡眠薬、抗うつ薬なども用いられます。

更年期障害以外の相談

骨粗鬆症について

骨量が減少し、なお且つ骨組織の微細構造が変化することで骨が脆くなり骨折しやすくなった病態を言います。骨粗鬆症は、まず原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症に分類されますが、一般に骨粗鬆症といわれているもののほとんどは、原発性骨粗鬆症に分類される閉経後骨粗鬆症です。症状としては、60歳代以下の世代では無症状のことも多いですが、高齢者になると脊椎の圧迫骨折や大腿骨頚部骨折・橈骨遠位端骨折などを生じやすくなります。 診断には骨量を測定する各種装置が使われます。治療としては、大きく分けて薬物を使わない食事療法(ビタミンDやカルシウムを多く含む食事を心がける)および運動療法と薬物療法があります。

脂質異常症について

血液中の脂質(コレステロール,トリグリセライド)が異常値を示す病気で、臨床的に問題となるのは高コレステロール血症と高トリグリセライド血症です。若いうちに発症する遺伝的な素因の強い家族性の脂質異常症の場合は、その臨床症状として黄色腫が挙げられますが、更年期の女性に認められることはほとんどありません。一般的には無症状のことも多いのです。
日本動脈硬化学会の基準によれば、LDLコレステロール(悪玉)140mg/dl以上、トリグリセライド150mg以上、HDLコレステロール(善玉)40mg/dl未満が該当します。 治療には,大きく分けて薬物を使わない食事療法および運動療法と薬物療法があります。血液中の脂質の値にもよりますが、その他にその人がどの程度心臓血管系の病気のリスクが高いかにより薬物療法の開始基準が異なります。

萎縮性腟炎について

エストロゲンの低下により発生する、腟粘膜の萎縮を主因とする非特異性の炎症性疾患であり、症状としては帯下感や性交時痛・性器出血などが挙げられます。ただし性器出血を来す場合は、子宮がんのような悪性疾患との鑑別が必要なこともあります。
治療には、エストロゲンの腟剤ないし内服剤を用います。

専門医のいる病院での受診がこれからの方へ

今認められている症状が、日常生活に少なからず支障を及ぼしているようでしたら、治療が必要となってきます。
当病院の、更年期専門医である院長が診療・検査を行ないますので、安心して外来受診をなさってください。
更年期障害のご相談は東京都清瀬市・埼玉県新座市、志木市のみならず、遠方より多くの方が外来受診を受けておりますので、ご都合の良い日にでもお早めにご相談ください。

このページのトップへ
診療科目
産科
母親学級
婦人科
更年期外来
更年期症状
更年期外来の症例
更年期障害の漢方治療について ホルモン補充療法について
スマートフォン用ホームページ用QRコード
当院の動画コンテンツ
医師紹介
母親学級
日本女性医学学会