コラム:何だか不調と感じたら「プレ更年期」かも?

pre-kounenki

最近なんとなく体の調子が悪いなと感じられることはありませんか?
体力的に無理がきかなくなったり、なんだか寝つきが悪くなったり、ささいなことでイライラすることが増えたり…。

「これって更年期?!」と不安に思うその症状は、もしかしたら「プレ更年期」かもしれません。

30代後半〜40代前半の女性が感じる「プレ更年期」とは?

「プレ更年期」は、最近になって使われるようになった造語で、実は医学書には存在しない言葉です。

そもそも「更年期」とは、女性の閉経前後の5年間を合わせた10年間のことを指します。
日本人女性の一般的な閉経年齢は50歳前後のため、40代後半〜50代前半に更年期の症状を訴える方が最も多いとされています。

この時期は卵巣機能が衰えることで女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌量が急激に減るため、体に様々な症状があらわれることで知られています。
しかし、まだまだ卵巣機能が衰えていない30代で急激なエストロゲンの減少は考えにくいもの。

30代後半から40代前半の女性は、意欲的に仕事をこなしていたり、子育て真っ最中だったり、介護についての悩みが増えたりなど、日々忙しくストレスにさらされることが多い世代です。

そういった環境下においてストレスを抱えることで、自律神経がうまく体の各器官の働きをコントロールできなくなり、更年期に似たような不快な症状に悩まされるようになるのです。
この症状をわかりやすく表現するために「プレ更年期」という言葉が一般的に使われるようになったのでしょう。

プレ更年期の症状と改善方法は?

人によって訴える症状は様々ですが、体力が落ちた、なんとなく体がだるい、寝つきが悪くなった、すぐにイライラしてしまう、頭痛やめまい、PMSが悪化したなどの悩みがよく聞かれます。

ご自身と向き合ったときに、心も体も「なんだか今までと違うな」と感じることが増えたら、早い段階でプレ更年期対策をしはじめることをおすすめします。

自律神経を整えるために、まずはストレスを溜め込まないこと。
忙しい日々であっても、規則正しい生活を目指し、十分な睡眠とバランスの良い食生活を整えることが重要になってきます。
ストレス発散のために適度な運動や、リフレッシュできる趣味を見つけたり、アロマテラピーやハーブティーなどの力を借りるのもおすすめです。

あまりにも症状が辛い場合は別の病気が潜んでいる可能性もあるため、信頼できる婦人科や内科へ相談してみても良いでしょう。

豊かな更年期を迎えるために

プレ更年期改善の第一歩は、不調の原因を取り除くこと。
ストレスや不規則な生活に心当たりのある方は、生活リズムや食生活、家族との関係などを見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

今から上手にプレ更年期を過ごしておくと、本格的な更年期を豊かに過ごせるようになるかもしれませんね。